SYDNEY-ICJLE 2014年度研究大会のお知らせ
2014年7月10日〜12日

豪州日本研究学会 (JSAA) は、オーストラリア、シドニーにて2014年日本語教育国際研究大会(SYDNEY-ICJLE2014)を全豪日本語教育シンポジウム(National Symposium: Japanese Language Education 2014)と同時開催します。

SYDNEY-ICJLE2014は、1998年東京、2000年ソウル、2002年天津、2004年東京、2006年ニューヨー ク、2008年釜山、2009年シドニー、2010年台湾、2011年天津、2012年名古屋と開催されてきた日本語教育国際研究大会を継承するものです。SYDNEY-ICJLE2014は、 豪州日本研究学会 と各国の日本語教育関連学会を一堂に集結するだけでなく、オーストラリアの小中高校の教育者を総括する全豪日本語教育シンポジウムを同時開催することで、教育のレベルを超えた画期的な研究大会になると言えます。

研究大会は7月10日から12日までの研究発表はシドニー市内に位置するシドニー工科大学にて行われます。また、大会晩餐会は歴史あるシドニー大学のマク ローリン・ホールにて開催されます。運営委員会はニューサウスウエールズ大学に置く他、西シドニー大学、ウーロンゴン大学、マッコーリー大学の協力も得、シドニー地域の6大学が力を結集して豪州日本研究学会主催のの大会を支援して行きます。他にも、美術館でのイベントなどの企画が進んでいます。

SYDNEY-ICJLE2014は、日本語、日本語教育、日本研究の様々な分野の研究発表や討論の場を提供します。大会のテーマは「つながりとコミュニティー:CONNECTIONS AND COMMUNITIES」で、世界各国の日本語研究、日本語教育研究、日本研究の多様な分野の研究者、教育者、学習者が一堂に会し、専門領域を超えた交流、討論が活発に行われることを期待します。

ホームページは順次アップデートして行きますので、時折のぞいてみていただけることをおねがいします。

みなさま、ぜひ、ご参加ください。

ページトップへ