発表申し込み

2014年4月14日更新

4月2日にJTBより発表にご応募くださった皆様全員に査読結果のメールをお送り致しました。メールを受け取られていない方はお手数ですが、ICJLE2014 conference team
(email: icjlesydney@gmail.com)までご連絡ください。

査読員からのコメントがある場合は、別途メールにてお送りさせて頂きます。

発表申し込みは締め切りました。

たくさんのご応募ありがとうございました。

  • 発表採択連絡:2014年4月2日
  • 割引参加申し込み締め切り:2014年4月22日

査読の結果は、ご登録頂いたメールアドレスに通知されます。

またオンラインシステム上でもご確認頂けます。

ログインはこちら

ログイン後、「受付済み」をクリックしてください。

お問い合わせは下記まで

システムに関するお問い合わせ
JTB Australia MICE Group
Monday-Friday 09:00-17:00, Sydney time
Email: jtbausweb.au@jtbap.com

その他、学会全般に関するお問い合わせ
ICJLE2014 conference team
Email: icjlesydney@gmail.com

大会テーマ

大会テーマは「Connections and Communities」です。

大会のテーマ、あるいはその他の日本語教育の広域分野に関連する発表申し込みを受け付けます。

1. つながりとコミュニティ 15. 文字 /語彙
2. 読む /書く 16. 文法
3. 聞く /話す 17. 語用論
4. 教室 18. 談話
5. 教材/リソース 19. コーパス
6. 評価 /テスト 20. シラバス/カリキュラム/プログラム
7. 年少者 /生活者 21. アイデンティティー
8. 留学/留学生 22. 言語政策
9. 専門日本語 23. 学習者
10. 教師 24. コンピューター/テクノロジー
11. 社会文化アプローチ/状況論 25. アドボカシー
12. 異文化コミュニケーション 26. 日本研究
13. 習得 27. その他
14. 音声

発表申し込みには、上記の中から一つ発表分野を指定してください。

発表は一人につき一件のみお願いいたします。共同発表の場合でも一件と見なされますので、ご注意ください。 採択後でも、一人が二つ以上の発表に応募したことが分かった場合、その応募者のすべての発表が取り消されますので、ご了承ください。

発表形態

発表には三つの形態があります

(英語の発表に関しては英語のページをご覧ください。)

1. パネル発表

パネルは1時間半のセッションで、1つのテーマのもとで30分の関連する論文を3本紹介します。この一時間半には質疑応答の時間も含みます。 
オンライン申し込み:

  • 上記の発表分野の番号と名称
  • 申込者タイプ*(発表者もしくは共同発表者)
  • パネル発表タイトル
  • 発表言語(日本語もしくは英語)
  • パネルのテーマと概略(日本語500字/英語300語)
  • 3論文の要旨(各日本語500字/英語300語)
  • 3論文のキーワード(各5語)
  • 3論文の発表者の氏名(司会者、議長、討論参加者なども含んでもよい)
  • 必要機材・設備
  • その他の発表者・共同発表者のメールアドレス、申込者タイプ、所属

2. 口頭発表

30分の発表です。質疑応答、次の発表者との交代の時間も含みます。
オンライン申し込み:

  • 上記の発表分野の番号と名称
  • 申込者タイプ*(発表者もしくは共同発表者)
  • 発表タイトル)
  • 発表言語(日本語もしくは英語)
  • 論文の要旨(日本語1000字/英語500語)
  • キーワード(5語)
  • 必要機材・設備
  • その他の発表者・共同発表者のメールアドレス、申込者タイプ、所属

3. ポスター発表

ポスター展示と質疑応答です。
オンライン申し込み:

  • 上記の発表分野の番号と名称
  • 申込者タイプ*(発表者もしくは共同発表者)
  • 発表タイトル
  • 発表言語(日本語もしくは英語)
  • 論文の要旨(日本語1000字/英語500語)
  • キーワード(5語)
  • 必要機材・設備
  • その他の発表者・共同発表者のメールアドレス、申込者タイプ、所属

* 予稿集では「発表者」の方が前にきますが、全員「共同発表者」として名前を連ねるということも可能です。その場合、順不同でお名前を記載させて頂きます。

応募から発表までの日程

  • 発表申し込み締め切り:2014年3月19日 2014年3月26日 締め切り延期しました!
  • 発表査読
  • 発表採択連絡:2014年4月2日
  • 割引参加申し込み締め切り:2014年4月15日
  • 発表者は全員、申し込みをすませ、参加費納入のこと。

査読

  • 招待論文以外は、すべて査読されます。
  • 指定分野を使って査読者を選定します。
  • 発表の時間枠が限られているので、申込者全員の論文が発表論文となるとは限りません。

発表申し込み要旨の書き方

発表を申し込まれる方は以下を参考にしてください。

(1)パネル、口頭発表、ポスター発表のどれを選ぶか。

パネルは、1時間半の持ち時間に3本の口頭発表が行えます。大きなプロジェクトで、様々な角度から複数の発表が行われる場合、同じテーマや、関連性のある発表が複数集まった場合など、パネルとして申し込んでください。パネル発表の採否はパネルでまとめて行われますので、パネルとしてまとまりのあるものにするようにお願いします。口頭発表は、研究が既に行われて結論を述べることができるもの、実践研究の場合は、実践をきちんと紹介できるものなどに適しています。また、発展途上の研究や、まだ完結していない試みなどで、聴衆のみなさんと意見を交換することで良いものに仕上げて行きたい、そういうものは、ポスター発表に適しているでしょう。他にも、聴衆と交流しながら発信したい方はポスター発表が向いているのではないでしょうか。

(2)要旨はどのように書いたらいいのか。

発表の要旨には以下を考慮してください。
  • 発表の主旨と背景/理論
  • 研究/実践について:目的、対象、方法(データ、参加者、手続きなど)、結果、考察、結論/提案/制約など
  • この研究/実践が貢献すること(理論的貢献、実践に貢献、学習に貢献など)

(3)要旨はどのように査読されるのか。

上記を参考に、二人の査読者が査読します。

 

発表申し込みはオンラインでお願いします。

ページトップへ