プログラム

ウェブサイトのシステムの関係上、日本語表記のお名前の姓名の順が逆転していますが、ご了承くださいませ。

ご自身のご発表をお探しの場合は「EXPAND ALL」のアイコンをクリックして頂き、
Windowsをお使いの方は[Ctrl]キーを押しながら[F]キーを押し、[検索]ダイアログ
ボックスにご自身のご発表のタイトルを入力し検索してください。
Macの方は[command]キーを押しながら[F]ーを押し、[検索]ダイアログボックスから
ご検索ください。

Thursday 10th July — ICJLE Pre-conference 7月10日(木)

08:00 AM
Registration 受付
09:00 AM
Speaker(s):
Professor Kent Anderson (Pro-Vice Chancellor (International), University of Adelaide) ケント・アンダーソン教授(アデレード大学副学長 国際関係担当)
Location:
The Great Hall 大講堂
10:00 AM
Morning tea モーニングティー
10:30 AM
Forum sessions (Part 1) フォーラム(パート1)
Forum 1: Reading/Writing, Listening/Speaking, Syllabaries and characters/Vocabulary, Phonology フォーラム1: 読む /書く、 聞く /話す、文字 /語彙、音声
Location:
02.05.31
Forum 2: Pragmatics, Discourse フォーラム2: 語用論、談話
Location:
02.05.32
Forum 4: Young learners/Japanese residents, Overseas students studying in Japan, Intercultural communication フォーラム4: 年少者 /生活者、留学/留学生、異文化コミュニケーション
Location:
02.05.33
Forum 6: Teaching materials/learning resources, Computer/Technology, Syllabus/Curriculum/Program, Assessment/Testing フォーラム6: 教材/リソース、コンピューター/テクノロジー、シラバス/カリキュラム/プログラム、評価 /テスト
Location:
02.05.35
Forum 8: Advocacy, Language policy フォーラム8: アドボカシー、言語政策
Location:
02.05.36
10:30 AM
Speaker(s):
Professor Hiroko Kataoka (Professor, California State University Long Beach), Professor Masako Douglas, (Professor, California State University Long Beach) 片岡裕子教授(カリフォルニア州立大学ロングビーチ校教授), ダグラス昌子教授(カリフォルニア州立大学ロングビーチ校教授)
Location:
02.04.29
10:30 AM
Speaker(s):
Dr Robyn Spence-Brown (Senior Lecturer, Monash University) ロビン・スペンスブラウン博士(モナッシュ大学上級講師)
Location:
The Great Hall 大講堂
12:00 PM
Lunch ランチ
01:00 PM
Forum sessions (Part 1 continues) フォーラム(続パート1)
Forum 1: Reading/Writing, Listening/Speaking, Syllabaries and characters/Vocabulary, Phonology フォーラム1:読む /書く、聞く /話す、文字 /語彙、音声
Location:
02.05.31
Forum 2: Pragmatics, Discourse フォーラム2: 語用論、談話
Location:
02.05.32
Forum 4: Young learners/Japanese residents, Overseas students studying in Japan, Intercultural communication フォーラム4: 年少者 /生活者、留学/留学生、異文化コミュニケーション
Location:
02.05.33
Forum 6: Teaching materials/learning resources, Computer/Technology, Syllabus/Curriculum/Program, Assessment/Testing フォーラム6: 教材/リソース、コンピューター/テクノロジー、シラバス/カリキュラム/プログラム、評価 /テスト
Location:
02.05.35
Forum 8: Advocacy, Language policy フォーラム8: アドボカシー、言語政策
Location:
02.05.36
01:00 PM
Speaker(s):
Professor Hiroko Kataoka (Professor, California State University Long Beach), Professor Masako Douglas, (Professor, California State University Long Beach) 片岡裕子教授(カリフォルニア州立大学ロングビーチ校教授), ダグラス昌子教授(カリフォルニア州立大学ロングビーチ校教授)
Location:
02.04.29
02:30 PM
Afternoon tea アフタヌーンティー
03:00 PM
Speaker(s):
Professor Hiroko Kataoka (Professor, California State University Long Beach), Professor Masako Douglas, (Professor, California State University Long Beach) , Assistant Professor Kiyomi Chinen (Associate Professor, California State University Long Beach) 片岡裕子教授(カリフォルニア州立大学ロングビーチ校教授), ダグラス昌子教授(カリフォルニア州立大学ロングビーチ校教授), 知念聖美助教授(カリフォルニア州立大学ロングビーチ校准教授)
Location:
02.04.29
03:00 PM
Forum sessions (Part 2) フォーラム(パート2)
Forum 3: Connection and Communities, Sociocultural approach/Situated learning, Identity(ies) フォーラム3: つながりとコミュニティ、社会文化アプローチ/状況論、アイデンティティー
Location:
02.05.32
Forum 5: Classroom, Language learners, Teachers フォーラム5: 教室、学習者、教師
Location:
02.05.33
Forum 7: Corpus, Language acquisition, Grammar フォーラム7: コーパス、習得、文法
Location:
02.05.35
Forum 9: Japanese for specific purposes, Japanese studies フォーラム9: 専門日本語 、日本研究
Location:
02.05.36
03:00 PM
Speaker(s):
Dr Emi Otsuji (Senior Lecturer in International Studies Program & Language Studies Group, University of Technology Sydney) 尾辻恵美博士(シドニー工科大学上級講師)
Location:
The Great Hall 大講堂
03:00 PM
Chair:
Takuya Kojima, Soo Chung Han
Speaker(s):
Prof. Chieko Kano (Professor, Tsukuba University), Dr Nerida Jarkey(Senior lecturer, The University of Sydney) 加納千恵子教授(筑波大学教授), ネリダ・ジャーキー博士(シドニー大学上級講師)
Location:
02.05.31
04:30 PM
Forum sessions (Part 2 continues) フォーラム(続パート2)
Forum 3: Connection and Communities, Sociocultural approach/Situated learning, Identity(ies) フォーラム3: つながりとコミュニティ、社会文化アプローチ/状況論、アイデンティティー
Location:
02.05.32
Forum 5: Classroom, Language learners, Teachers フォーラム5: 教室、学習者、教師
Location:
02.05.33
Forum 7: Corpus, Language acquisition, Grammar フォーラム7: コーパス、習得、文法
Location:
02.05.35
Forum 9: Japanese for specific purposes, Japanese studies フォーラム9: 専門日本語 、日本研究
Location:
02.05.36
04:30 PM
Speaker(s):
Dr Harumi Minagawa (Senior Lecturer in Japanese, The University of Auckland, New Zealand) 皆川治美博士(オークランド大学(ニュージーランド)上級講師)
Location:
The Great Hall 大講堂
04:30 PM
Chair:
Takuya Kojima, Soo Chung Han
Speaker(s):
Dr Tetsuro Sumida(Assistant Professor, Soochow University), Ms Bi CHUNLING(Harbin Institute of Technology/ Osaka University), Dr Miho Inaba (Senior lecturer, Lund University) , Dr. Shinji Sato (Director of the Japanese Language Program, Princeton University) , Dr Naomi Kurata(Monash University) , Dr Eriko Takahashi(Assistant Professor, Hiroshima University), 住田哲郎博士(東呉大学助理教授), 畢春玲講師・研究員(ハルビン工業大学・大阪大学), 稲葉美穂博士(ルンド大学上級講師), 佐藤慎司博士(プリンストン大学日本語プログラム•ディレクター), 倉田尚美博士(モナッシュ大学), 高橋恵利子博士 (広島大学助教)
Location:
02.05.31
04:30 PM
Speaker(s):
Professor Hiroko Kataoka (Professor, California State University Long Beach), Professor Masako Douglas, (Professor, California State University Long Beach) 片岡裕子教授(カリフォルニア州立大学ロングビーチ校教授), ダグラス昌子教授(カリフォルニア州立大学ロングビーチ校教授)
Location:
02.04.29

Friday 11th July — ICJLE Conference (Day 1) 7月11日(金)

08:00 AM
Registration 受付
08:30 AM
Opening ceremony ICJLE開会式
Location:
The Great Hall 大講堂
09:00 AM
Speaker(s):
Professor David Nunan (Honorary Professor, University of New South Wales) デイビッド•ヌーナン教授(ニューサウスウェールズ大学名誉教授)
Location:
The Great Hall 大講堂
10:00 AM
Morning tea モーニングティー
10:00 AM
Poster session 1 ポスターセッション1
Location:
Great Hall Foyer 大講堂ロビー
Assessment/Testing (評価 /テスト)
日本語学習者は、日本語スピーチをどのように評価するのか
佐仁子 黒崎, 聖学院大学人文学部日本文化学科
Computer/Technology (コンピューター/テクノロジー)
The Use of the Emerging Technologies in Learning Japanese
Mehryar Nooriafshar, Hiroko Kurakake, Senior Lecturer
Connection and Communities (つながりとコミュニティ)
「show-and-tell」形式による協働活動-学生同士による自律的な学びの場-
Cecilia Leung, Joyce Lok Hin Lee, Kit Ting Cindy Ma, 香港理工大学、大学院
未知の日本人へはがきを書くことでも日本語学習意欲は刺激されるか
kaori kimura, 早稲田大学大学院日本語教育研究科
Grammar (文法)
中韓母語日本語学習者と日本語母語話者の事態把握傾向
安月子 近藤, 伴子 姫野, さゆり 足立, 東京大学
Identity(ies) (アイデンティティー)
日韓併合時代の日本語常用教育体験者の言語管理の有り様
遠藤 藍子, 久美子 伊達, 立命館アジア太平洋大学
How important a theme
ペドロ マルケス, 早稲田大学大学院日本教育研究科
Japanese for specific purposes (専門日本語)
Listening/Speaking (聞く/話す)
Overseas students studying in Japan (留学/留学生)
Syllabaries and characters/Vocabulary (文字/語彙)
Teachers (教師)
「授業見学とその後の指導によって人材育成は可能か―エピソード記述の分析より―」足立尚子
足立 尚子, 独立行政法人日本学生支援機構東京日本語教育センター
Young learners/Japanese residents (年少者/生活者)
10:30 AM
10:30 AM
Contributed papers session 1 口頭発表 1
A 10:30-11:00/ B 11:00-11:30/ C 11:30-12:00
Intercultural communication (異文化コミュニケーション) Translation (翻訳)
Korean speakers (韓国語話者)
Chair:
Soo Chung Han
Location:
02.05.32
A: 韓国人日本語学習者の依頼表現に関して ‐「~てください」を中心に-
YOONSOON SUH, 同志社大学 日本語・日本文化教育センター
C: 日本語話者と韓国語話者の事態把握に関する研究
在喜 鄭, お茶の水女子大学大学院
Language learners (学習者)
Computer/Technology (コンピューター/テクノロジー)
Chair:
Kayoko Enomoto
Location:
02.05.35
B: 留学生の為の日本語WEBコンテンツ読解支援システム
真悟 安田, 忍 長谷川, 朱美 寺, JAIST
C: 可視化した日本語文法のオンライン教育システムの開発
Takahide Ezoe, Shinjuku Japanese Language Institute
Teachers (教師)
Chair:
Noriko Yokoyama
Location:
02.05.37
C: 「いい日本語教師」に関する中国人新人教師のビリーフの特徴―日本、日本文化に対する意識を中心に―
Naomi 直美 HATTA 八田, Ikumi 伊久美 OZAWA 小澤, Yukari 由香里 TSUBONE 坪根, Yukie 志江 TAKEGATA 嶽肩, The Japan Foundation, Jakarta 国際交流基金ジャカルタ日本文化センター
Pragmatics (語用論) Japanese for specific purposes (専門日本語)
Identity(ies) (アイデンティティー)
Chair:
Yuji Okawa
Location:
02.06.41
B: 談話上におけるアイデンティティ構築のプロセス
Jeremy Seizo Miller, 千葉大学大学院博士後期課程
C: 『子どもの自己・文化形成~補習授業校の役割~』
成田 悠莉野, 横浜国立大学大学院教育学研究科
Assessment (評価 )
Chair:
Shun Ikeda
Location:
02.06.42
A: 多読アセスメント研究の動向と展望
Tomoko Watanabe, 徐 芳芳, 山下 順子, 横山 千聖, 老平 実加, 広島大学
Teacher (教師)
Chair:
Haruko Asakura
Location:
02.06.44
B: 『enTree-Halina! Be a Nihongojin!!』 New Lesson Plans from Real Stories in Japan―中等教育教師研修における教案作成プロジェクトの実践―
ベルナデット 日永田, フロリンダ アンパロ A. パルマ ヒル, 千花 福島, 幸子 桑野, 国際交流基金マニラ日本文化センター
11:00 AM
Speaker(s):
Professor Hugh Clarke (Emeritus Professor, The University of Sydney)ヒュー・クラーク教授(シドニー大学名誉教授)
Location:
The Great Hall 大講堂
12:00 PM
Lunch ランチ
01:00 PM
Contributed papers session 2 口頭発表 2
A 1:00-1:30/ B 1:30-2:00/ C 2:00-2:30
Listening/Speaking (聞く/話す) Curriculum (カリキュラム)
Chair:
Mayumi Ajioka
Location:
02.05.37
C: インドネシアの日本語教育の現状と課題と展望
アグス スヘルマン スルヤディムリア, インドネシア日本語教育学会
Identity(ies) (アイデンティティー) Intercultural communication (異文化コミュニケーション)
Japanese studies (日本研究)
Chair:
Yumiko Hashimoto
Location:
02.05.40
B: 上巳の行事における道学思想の受容 ——『源氏物語』などを例に
楠 張, 南京理工大学外国語学院日本語日本文学系
Japanese for specific purposes (専門日本語)
Language policy (言語政策)
Heritage language(継承語)
Chair:
Yuji Okawa
Location:
02.06.42
Characters(キャラクター)
Chair:
Sumiko Iida
Location:
02.06.44
01:00 PM
Chair:
司会:當作靖彦(アメリカ カリフォルニア大学サンディエゴ校)
Speaker(s):
パネリスト: 陳淑娟(台湾 東呉大学)、鄭起永(韓国 釜山外国語大学)、萬美保(香港大学)、堀井惠子(武蔵野大学)
Location:
The Great Hall 大講堂
02:30 PM
Contributed papers session 3 口頭発表 3
A 2:30-3:00/ B 3:00-3:30/ C 3:30-4:00
Young learners (年少者)
Chair:
Yuki Takeyama
Location:
02.04.23
A: 参加を通した学びを支える日本語支援―JSL中学生の「声」の獲得のプロセスから―
Midori Karakisawa, Graduate School of Japanese Applied Linguistics, Waseda University
B: 年少者用SPOTの開発および実用化に向けた調査報告
あかね 河野, 典子 小林, たか子 酒井, Tsukuba International School
Connection (つながり)
Chair:
Masayoshi Ogino
Location:
02.05.32
Connection (つながり)  Young learners (年少者)
Chair:
William Armour
Location:
02.05.39
A: FOREIGN LANGUAGE ANXIETY AND COLLABORATIVE LEARNING: A STUDY OF JAPANESE LANGUAGE LEARNERS IN INDONESIA
Fatmawati Djafri, Graduate School of Japanese Applied Linguistics, Waseda University
B: How Indonesian immigrants lacking sufficient Japanese language ability deal with communication difficulties in Japan
Yutaka Fukihara, Fukuoka Women's University, Yasuhiko Sukegawa, Tohoku University
Japanese studies (日本研究)
Chair:
Hisashi Noda
Location:
02.05.40
B: 康有为『日本书目志』と中国近代科学の導入
鵬飛 王, 中国南京航空航天大學外国語学院日本語学部
Language learners (学習者) Articulation(アーティキュレーション)
Teaching materials (教材) Language policy (言語政策) Language acquisition (習得)
Syllabus (シラバス)
Chair:
Nagisa Fukui
Location:
02.06.42
A: 言語行動を軸としたシラバスを作成するためには
ジョンヨン ヤン・, 群馬県立女子大学地域日本語教育センター
02:30 PM
Poster session 2 ポスターセッション 2
Location:
Great Hall Foyer 大講堂ロビー
Connection and Communities (つながりとコミュニティ)
Corpus (コーパス)
Grammar (文法)
Intercultural communication (異文化コミュニケーション)
異文化理解授業の変遷とその課題
Yukiko Yamamoto, Kyoei University
異文化理解と自己成長のためのビデオ会議ディスカッション―日本とトルコとのビデオ会議における考察から―
深川 美帆, 金沢大学国際機構留学生センター, 太田 亨, 金沢大学国際機構留 学生センター, 川本 健二, チャナッカレ・オンセキズ・マルト大学
Japanese for specific purposes (専門日本語)
Japanese studies (日本研究)
Language acquisition (習得)
Reading/Writing (読む/書く)
初級学習者のライティング活動-マンガを取り入れた試み-
祥予 佐川, サイアム大学日本語コミュニケーション学科
読解再話タスクの分析
AKIKO TAKAHASHI, Miyagi University of Education
Sociocultural approach (社会文化アプローチ)
Syllabus/Curriculum/Program (シラバス/カリキュラム/プログラム)
Teaching materials/learning resources (教材/リソース)
課題遂行と異文化理解を助けるA2レベルのウェブサイトの開発 -「まるごと+」入門(A1)レベルから初級1(A2)へ-
Keiko Kawashima, Natsumi Waguri, Reiko Miyazaki, Takashi Miura, Tetsuya Tanaka, Sumiko Maeda, 国際交流基金関西国際センター
「日本語教育のための音楽教材」を活用している教師の意識
Hiroyuki MIZOKUCHI, Kinki University Technical College
Others (その他)
03:00 PM
Speaker(s):
Professor Leith Morton (Professor Emeritus, Tokyo Institute of Technology), リース・モートン教授(東京工業大学名誉教授)
Location:
The Great Hall 大講堂
04:00 PM
Afternoon tea アフタヌーンティー
04:30 PM
Speaker(s):
Professor Chihiro Kinoshita Thomson (Professor of Japanese Studies, University of New South Walesトムソン木下千尋教授(ニューサウスウェールズ大学教授)
Location:
The Great Hall 大講堂
04:30 PM
Contributed papers session 4 口頭発表 4
A 4:30-5:00/ B 5:00-5:30/ C 5:30-6:00
Intercultural communication (異文化コミュニケーション)
Technology (テクノロジー) Sociocultural approach(社会文化アプローチ)
Honorific expressions(敬語)Language learners (学習者)
Advocacy(アドボカシー)Overseas students studying in Japan (留学/留学生)
Language learners (学習者) Syllabus(シラバス)
Chair:
Teruko Sharif
Location:
02.06.35
C: トピックを導入した多技能養成の「文書処理」授業の試み
Yusan(瑜珊) CHANG(張), Hsin Sheng Junior College of Medical Care and Management(新生医護管理専科学校)
Beginners (初級)
Chair:
Shun Ikeda
Location:
02.06.42
B: シンガポールの中等教育機関における日本語教育の初級前半の実践とその課題
shuo liu, 公益財団法人 ラボ国際交流センター ラボ日本語教育研修所(2014年4月より非常勤講師着任)
07:00 PM
Location:
MacLaurin Hall at the University of Sydney シドニー大学クアッドラングル・ビルディング、マックラレンホール

Saturday 12th July — ICJLE Conference (Day 2) 7月12日(土)

08:30 AM
Registration 受付
09:00 AM
Speaker(s):
Dr Shinji Sato (Director of the Japanese Language Program, Princeton University) 佐藤慎司博士(プリンストン大学 日本語プログラム•ディレクター)
Location:
The Great Hall 大講堂
10:00 AM
Morning tea モーニングティー
10:00 AM
Poster session 3 ポスターセッション 3
Location:
Great Hall Foyer 大講堂ロビー
Computer/Technology (コンピューター/テクノロジー)
ExcelおよびMoodleを使用した多形式クイズ一括作成
Yosuke Hashimoto, Akita International University
Grammar (文法)
Japanese for specific purposes (専門日本語)
理系学生における論理的な日本語表現~算数課題活用の試み~
博美 小池, 江里子 瀬村, 独立行政法人日本学生支援機構 東京日本語教育センター
Japanese studies (日本研究)
Understanding Japanese Support for the Indian National Army
Varun Tomar, International Christian University, Tokyo, Japan
Language learners (学習者)
Language policy (言語政策)
Listening/Speaking (聞く/話す)
Reading/Writing (読む/書く)
Sociocultural approach/Situated learning (社会文化アプローチ)
Syllabaries and characters/Vocabulary (文字/語彙)
Appearance frequency of idiomatic phrase in fixed-length tag set of BCCWJ corpus
Tatsuya Kitamura, Kaede Tanijiri, Saya Kanazawa, Yoshiko Kawamura, Konan University
Syllabus/Curriculum/Program (シラバス/カリキュラム/プログラム)
外国人教員を対象としたボランティア日本語教室
KYOKO TOKASHIKI, SUZUNA ABO, 関西外国語大学
理系グローバルコミュティにおける人材育成を目指す日本語教育プログラム
TOMOKO HONGO, MACHIKO BABA, Tokyo University of Agriculture and Technology
Teachers (教師)
ラオスにおける若手現地教師の成長過程
Miki OTA, Michiko HONDA, Asahi KUNITO, Laos-Japan Human Resource Development Institute
やさしい日本語作成支援システムを用いた模擬授業指導の現状と課題
Miki Yokoyama Ito, Kei Ito, Ayumi Kizuka, 北海道教育大学函館校
Teaching materials/learning resources (教材/リソース)
会話教材における発音表示
Mina Kobayashi, Kiyomi FUJII, Naomi Yanagida, 早稲田大学
映像教材を利用した日本語教育の可能性
Satoko Takeda, Kiyomi Nagasaki, Kaoru Fujimono, Kihoko Mikuni, NPO法人日本語教育研究所
10:30 AM
Contributed papers session 5 口頭発表 5
A 10:30-11:00/ B 11:00-11:30/ C 11:30-12:00
Syllabaries and characters/Vocabulary (文字/語彙)
Intercultural communication (異文化コミュニケーション) Reading/Writing (読む/書く) Syllabus (シラバス)
Connection and Communities (つながりとコミュニティ) Identity(ies) (アイデンティティー)
Intercultural communication (異文化コミュニケーション) Technology (テクノロジー)
Chair:
Ikuko Nakane
Location:
02.05.37
C: Skypeを利用した日中遠隔協働日本語授業の構築
薫 大塚, 翠芳 林, 勇萍 王, 高知大学
Grammar (文法)
Chair:
Harumi Minagawa
Location:
02.05.38
C: 明治期と現代の「なんて」の変化
Liandong Chen, Nanyang Technological University, Singapore
Phonology (音声) Teaching materials (教材)
Chair:
Barbara Northwood
Location:
02.05.39
A: Perception of 促音 (long/geminate consonants) in Japanese
Kimiko Tsukada, Felicity Cox, John Hajek, Macquarie
Japanese studies (日本研究)
Connection (つながり)
Chair:
Nagisa Fukui
Location:
02.06.35
A: 学習者を「外」とつなぐ言語活動
Ikuko Komuro-Lee, University of Toronto
C: コミュニティとつながるために必要な日本語会話能力について考える
Hiroshi Noyama, National Institute for Japanese Language and Linguistics
Motivation(動機)
Chair:
Miho Inaba
Location:
02.06.41
11:00 AM
Chair:
Dr Rowena Ward (Lecturer, University of Wollongong) ロウィーナ・ワード博士(ウーロンゴン大学講師)
Speaker(s):
Professor Kent Anderson (Pro-Vice Chancellor (International), University of Adelaide), Professor Vera Mackie (Professor, University of Wollongong) and Professor Kaori Okano (Professor, La Trobe University) ケント・アンダーソン教授(アデレード大学副学長(国際関係担当)), ヴェラ・マッキー教授(ウーロンゴン大学教授), 岡野かおり教授(ラトローブ大学教授)
Location:
The Great Hall 大講堂
12:00 PM
Lunch ランチ
01:00 PM
Speaker(s):
Dr Ian McArthur (Honorary Associate, The University of Sydney) イアン・マッカーサー博士(シドニー大学名誉学員)
01:00 PM
Contributed papers session 6 口頭発表 6
A 1:00-1:30/ B 1:30-2:00/ C 2:00-2:30
Discourse(談話)Pragmatics (語用論) Reading/Writing (読む/書く)
Intercultural communication (異文化コミュニケーション)
Self-reflection(自己評価)
Chair:
Teruko Sharif
Location:
02.05.38
B: Moodleを使った自己評価ツールの構築
Takako Yoshikawa, Miho Yorozu, The Univeristy of Hong Kong
Classroom (教室) Pragmatics (語用論) Sociocultural approach(社会文化アプローチ)
Interlanguage(中間言語)Language acquisition (習得)
02:30 PM
Contributed papers session 7 口頭発表 7
A 2:30-3:00/ B 3:00-3:30/ C 3:30-4:00
Teaching materials/ (教材)
Chair:
Misako Tajima
Location:
02.04.23
A: 自然会話を素材とする共同構築型WEB教材の提案-
MAYUMI USAMI, Tokyo University of Foreign Studies
B: 言語間における事態参与者への焦点化の違いと視覚教材
Hajime Ito, Satsuki Fujiura, Kasai University of International Study
Syllabaries and characters/Vocabulary (文字/語彙)
Chair:
Naoko Takatsuka
Location:
02.05.32
A: 漢字系統樹2800
俊幸 善如寺, 東京外国語大学留学性日本語教育センター
Teacher (教師)
Chair:
Yuji Okawa
Location:
02.05.35
A: インドネシアの高校日本語教師の日本語教育観
嘉子 古川, 直之 木谷, 国際交流基金日本語国際センター
B: オーストラリア日本語教育実習とキャリア形成
Shin Moriyama, Kaori Yamasaki, Hanna Onishi, Ochanomizu University
Evaluation(評価)
Chair:
Teruko Sharif
Location:
02.05.38
B: アカデミック・ライティング能力の獲得を目指したCan-doリストの策定
郁子 伊集院, 美加 鈴木, 弘子 藤森, 知子 藤村, 嘉名子 工藤, 東京外国語大学
Japanese studies (日本研究)
Chair:
Yasuko Claremont
Location:
02.05.40
C: 金子みすゞの童謠詩の研究
yoohee im, sujin lim, 韓国中央大学(韓国)
Phonology (音声)
Chair:
Yuki Takeyama
Location:
02.06.41
A: 日本語のアクセント習得に何が必要か
Eriko Takahashi, Yukiko Hatasa, 広島大学
Corpus (コーパス) Grammar (文法)
04:00 PM
Closing ceremony ICJLE閉会式
Location:
The Great Hall 大講堂
04:30 PM
Reception レセプション
Location:
Great Hall Foyer 大講堂ロビー

ページトップへ